うちのうら屋について

​うちのうら屋は、オーダーメイドの家具屋として2019年に工房を構えました。

店主の祖父母が住んでいる鹿児島県内之浦(現肝属郡)の平屋の雰囲気が好きなこと、また、「家の裏(うちのうら)」を連想させるような、お客様にとって気軽で身近な場所でありたいと考え、うちのうら屋という屋号にしました。

​木のこと

​うちのうら屋では、主に無垢材を使用し家具を製作しています。その中でも特に、地元鹿児島の県木であるクスノキを使用した家具を多く製作しています。

クスノキは昔から防虫剤の樟脳(しょうのう)の原料として使用されており、木材自体も高い防虫、防腐効果があり、家具材としても適しています。また、うちのうら屋は中原木材加工センターという製材所敷地内に工房を構えています。そのため、中原木材加工センターにて厳選、伐採、加工された木材を、店主自ら手に取り仕入れることができます。クスノキはもちろんのこと、その他の木材についても多数取り扱っていますので、作るものや使うシーンに合わせて最適な材料をご提案いたします。

クスノキのこと

クスノキは独特な香りが特徴で、その香りには防虫、防臭効果やリラックス効果などがあるといわれています。葉や煙は鎮痛剤としての効果もあり、クスノキの語源を「薬の木」とする説もあるほどです。

クスノキは欠けや崩れにも強いため、仏像や繊細な欄間の彫刻などの材料として用いられてきたほか、船の材料としても重宝されていたほど耐久性に富んでいます。また、虫を寄せ付けないため、箪笥や長持ちなどの収納家具、大切なものをしまっておくための入れ物などに用いられたりと、古くからわたしたちの生活に身近なものであったといえます。

クスノキの家具はいいことづくし。わたしたちが作ったクスノキの家具をお客様が見て、触れて、生活の中に取り入れていただくことで、クスノキのよさをすこしでも知っていただけたらと思います。

家具のこと

​うちのうら屋では、シンプルで飽きのこない、そして、どことなく懐かしいデザインを大切に家具をつくっています。

また、商品によっては節や割れを大胆に使用し、木の持つ自然本来の質感や表情を大切にした作り方をすることがあります。木は同じ種類であっても木目や節、割れなど、ひとつひとつ表情がちがいます。節や割れも、そのときどきで埋めるなどして手をかけてあげると、節がない木材と同じように問題なく使用することができます。もちろん、埋めずにそのまま個性として使用することもあります。

節や割れなどでその木が生きてきた物語を感じていただき、よい味わいとしてお楽しみいただければと思います。